nikki

日記です。

女になりたい

突然ですが、僕はかねてより女の子になりたいと思ってます。

 

それは、なぜかというと・・・・

 

 

思わず、文字をパステルカラーにしちゃうくらい可愛いんです。女の子って。

 

髪型が自由自在やら、ネイルが可愛いやら、理由を挙げていくときりがないので一番かわいくて憧れるところが

 

 

僕は、ワンピースを着てスカートひらりさせてみたいんです。

シンプルにスカートやガウチョを履きたいのもありますが、やっぱりワンピース。

透明感がある美女になりたい。

 

と、思っていましたが

現実的なこと考えると、今の自分のステータスでは、とても無理なんじゃないかと思い始めてきてしまいました。

 

何でかというと、

 

時間!金がかかる!

 

あたしゃー、びっくりしましたよ。

電車の中でメイクしてる人とか、家でやってこいやと思ってましたけど

そう考えたら逆算してもっと早く起きなきゃないわけじゃないですか。

 

無理無理。俺には絶対無理。

 

メイクしてないと、「は?お前すっぴんでイケるくらい余裕なんですね。へぇ~。」

みたいなタチの悪いひどいこと言われるらしいじゃないですか。

一種のマナー見たいなことなんですかね。

 

しんど~~。無理無理。別にニキビあってもいいじゃん~。年頃だし~。若いうちにしか出ないんだからさ~。若さ楽しもうよ~。あたしニキビに塗りすぎて逆にニキビありますよ~ってアピールしちゃってんだから。本末転倒もいいとこよね~。マジウケル~。

 

はい。

 

 

 

今は、時間の部分で見ましたけどお金の部分から見ると

 

シンプルに金がかかる。

 

これに尽きる~。何種類あるんだよ化粧品って。化粧ポーチも買うでしょ?うんうん。わかるわかる。

 

こだわり始めたら膨大な金がかかる「沼」なわけじゃないですか。

これシンプルに僕が今バイトをせっせこして稼いでるお金の中からとても捻出できる気がしませんのよ。

 

そしてそして、

 

今は安全面が考慮されるべき時代ですね。

ということで、僕(あたし)は女性専用アパートに住むと思うんですよ。

 

となると、ちょっと値が張るじゃないですか~。

無理じゃない~?ホント困ったちゃんダワ~。

 

一旦

今あげてる男との違いをまとめると、

時間かかるし、化粧品とか家賃とか金かかりまくるってこと。

 

さらにお金の面で見ると、あたしってカフェめぐりが趣味じゃないですか?

カフェってなんだかんだ高いのよね~。

映え映え~とか言いながら、味より写真に集中しちゃってるわけ~。もう~それだけで800円とか高杉~(><)

 

ということで、友人たちとの交際費もバカバカかかってきてしまうわけです。

 

時間は平等なので、バイトも限りがあるでしょう。

 

以上のことから、僕は女の子にはなれません。

 

ここからは完全に余談なんですが、

 

こういうこと考えると、「ウチら、化粧とか服とか可愛くなるために金かけてるわけだし、デート代くらいだしなさいよ。」って言ってくるヤツの気持ちはわからなくもないですが、ちょっと図々しすぎるのでその気持ちは少し抑えたほうがいい気がしますね。

 

払うときは、払う気なくても一回財布出すとかちょっとした配慮が欲しいところです。(それも魂胆が見え見えだと嫌だけど。)

 

書いてて、思ったんですけど

別に全部デート代出すようなデートしたことないし、ましてやデートなんて言うことした記憶が朧げすぎるので、めちゃくちゃ何様が言ってんだよ状態でした。

 

奢るって男言うけど、なんか借り作るみたいで嫌だよね。

 

割り勘で行こうぜ割り勘で。

ねmmmmmmmmmmmmmmmmっむ

お久しぶりです。

 

突然ですが、最近すこぶる眠いです。

 

別に、「イヤァ~最近寝れてなくってサァ~」とか間違った大学生みたいにオラつきたいわけではないんです。

なんなら、同い年の大学生より寝てるし。

この時期、みんながテストやらレポートやら就活関連のことやら、せっせと頑張ってる中、僕は万年床でスーピー言ってるわけですから、怒られても仕方ないものです。

 

とはいえ、僕にも生活(バイト)があるわけです。

わざわざ言うからには支障が出てきているんです。ヤバい。

 

僕は寝坊したときに、「なんか気まずいから」という理由で架空の痛みを生み出し、「頭いてぇんで、休みやす・・・すいやせん」とへぇこらへぇこらしながら休んでいるわけです。

かれこれ中学時代から使ってる技なんですが、使うたびに、もう無理だろ・・・。と思いながら使いますが、体調不良というなかなか他人が踏み入れてこれない領域を理由にしているので、なんなく休めてしまうのです。

 

マァ20歳にもなって、こんなことしてれば、周りからの信頼も収入も減るわでパァなんです。

 

ホント大問題。

 

で、最近気づいたんですが、

 

あんまり早く起きちゃうと二度寝しちゃうぞっていうこと。

 

なんせ朝ってやることないもんね。朝のニュースで若者のトレンド見たところで起きたの自分には「ハテ?」ってぐらいしか響かないんですもん。

 

ということで、最近気を付けてるよ~って話でした。

 

寝坊したときに、毎回自分に言い聞かせてるのが、「若い頃ってなんでかスゲー眠いよな。」ってラジオから聞こえてきた言葉です。

 

 

「ウンウン!確かに!」

そういいながら、また布団にもぐるのでした。

 

おやすみなさい。

現実はドイヒー

最近と言えば、日本の激熱サマーであるが

それに反して、激寒なのが僕のコウザーなわけである。

 

残高を見ては、今後の支払いを考えて絶望するというのが毎日のルーティーンになっているので、日記をつけるとしたら毎日「絶望」だけで埋まってしまうのだ。

 

状況が逆転すればナァ~なんて、小3のまる子ちゃんが三時間目に暢気な顔して考えそうなことを20にもなってしているのだ。

 

悲しい。

 

そんな状況を打破するために!バイトをしているのです!

基本夜型の僕ですが、朝起きて夕方帰るという規則正しい素敵に無敵な生活をしてるのよ。もう一人の自分がいるなら、絶対に褒めてる。毎日家に帰っても、残高なんか気にしないで頭をなでて「頑張ったね~」ってほめてくれるの。

 

自分に甘い人生なんて最高なの!Viva la Vida!

 

 

そんな生活の中で、本当に頭が上がらないナ~と思う人たちがいるんですよ。

それは、サラリーマンです。

 

ザクっと表面的なことしか見えてない僕からすれば、

好きでもないことを

毎日やり続けて

休みも少ないのに

汗くっさいギューギューの満員電車に揺られている。

的なマイナスが過ぎるイメージしかもっていない。

 

そんなことを、「はぁ~だり~な~」ぐらいなもんでこなしている人たちは恐ろしい。

おまけに、親の仕送りとか貰わずに何から何まで支払って、何なら親に仕送りしちゃったりして生活している人がいるって考えると、もう自分が情けなすぎる。

パパってすごいよホントに。

 

こちとら、三日連続でそれやっただけで、ゲロヘバリノイローゼになっているというのに。

 

本当に最近、そのことばかり考えて頭がおかしくなりそうですよ。

自分がサラリーマンになるなんてことが全く想像つかない。無理無理。

 

職業診断とかやっても「芸術家」とか「ノマドワーカー」とか、

「お前、会社に入るのあんま向いてないかもな」と言わんばかりの診断結果ばっかりなんだもん。

 

そんな私も20よ。ブースカホイホイ言ってる場合ではなくなってきてるのが現実だよね~。どうにか、どうにか、しないと・・・ほんとに・・・。

 

 

ハァ~~~~~~~~~~~~

 

心の底からヒモになりてぇ~。

水を差したくなるものだ。

僕は、幸せな人たちを見ると水を差したくなってしまう。

 

「水を差す」自体に、「うまくいっている人を邪魔する」的な意味合いがあるらしく、冒頭の文だと、頭痛が痛い状態ではある気がするがしょうがない。だってそうなんだもん。

 

分かりやすく言えば、カップルだ。

インスタなんかに、「記念日♡」とか上げてる人を見ると

「ヒューヒュー!ラブラブだね~おにいちゃんたち~」とか、「お似合いカップルさんだ~!(カメラパシャパシャ)」

みたいな、本人たちがゲンナリするようなコメントを書きたくなる。

 

電車なんかでもそうだ。

今日見かけた、ラブラブすぎて彼女の鼻に指突っ込んじゃう彼氏をめっちゃ見ちゃったり、

今にもチューしそうな男女をチロチロみちゃったりして、

「ヘイヘイお兄さんお姉さん、俺は見てるぜぇ~」的なことを言いたくなってしまうのだ。

 

そんなことをしていた時、僕はあることに気付いた。

 

うらやましいんだ!!!

 

って。

 

困ったもんですよ。

小学生の頃、わざと好きな子に「ブース!」「デーブ!」とかいっちゃうやつと一緒。小学生からまるで成長していない。

そりゃそうだ。いまだに、ウンコチンコで笑うんだもん。

 

 

こっちは、ライフゼロ。これ以上幸せな姿を見せれらたら、オーバーキルよ。もうアタシ悲しくってしょうがないの。

って心の乙女が泣いている。

 

そんな悲しい乙女だが、

カップル以外にも、思うところはある。

 

大学をやめるひとたちについてだ。

単純に、単位が取れねーとかいうのはどうしようもないが、「もう意味ない!くそったれうんち!やめてやる!」みたいな自暴自棄になってる人に対しては、今一度海にでも行って落ち着いてごらんよ?と言いたいのである。

 

大卒ってなんだかんだ大事だし、今僕はそれを得るチャンスがなくて、ハァ何でやめてまったんや・・・。と思う時間が増えているのである。

今は、すんげー辛いかもしんないけど、遠い目で見たら「うまくいってる」状態な訳で。

自分で自分に水を差すことは一旦ゆっくり考えてみるのはどうなのかなぁ~。

 

なぁ!!!!!二年前の自分!!!!!!!!!!!!!!!

 

差してる水は、自分の涙なのかもしれない。(くせぇ~)

ただの思い違いなんですけどね

僕は怒りたい。

 

電車に乗ってたときの話なんですけど、

隣に、ボブでややぽっちゃりのひとが乗ってきました。

青地に、白と黄色のボーダー。おそらく古着でしょうな。

 

僕は、古着を着ている女子が好きだ。

古着屋のインスタをフォローしては、毎日更新される入荷情報(店員さんが着て紹介するやつ)を見て過ごす生活しているレベルだ。

それだけでお金がもらえる仕事があるなら紹介してほしい。そんなレベル。

 

おまけに、ぽっちゃりも好きだ。

厳密にいえば、健康体系なんだけど世の中の女性のハードルが高すぎて、そんな太ってなくてもぽっちゃりになってしまう。うまくそこを突いた好みである。

 

ということで、僕にとっての絶好の状況が整ったわけだ。

 

その子は、疲れていたのかコックリコックリ眠り始めてしまった。

この瞬間僕の勝利は確定ですね。

だって、最悪の場合、肩に頭のっけてくれる可能性があるわけですから。(最高)

 

っしゃー!憂鬱な社内にはこんな幸せもあるんですねー。へぇー!

 

そんな幸せな時間はあっという間に過ぎました。

その子は降りる駅についてしまったんですね。

致し方ないことです。女の子って忙しいですから。ヘイ。

 

そうと決まればこっちは、お顔をね。ほら。

横に座ったときじゃ確認できないからさ。

 

じゃ。失礼して。

 

そんで、降りる間際のその子を見たわけですよ。

 

 

男じゃねえか!!!!!!!!!!!!!

髭も生やしやがって!!

女性っぽい丸み帯びてんじゃねえよ!ヒゲ!デブ!!!

 

取り乱しました。すいません。

 

 

と、いうように皆さんは顔以外の情報から勝手にカワイイナ~イケメンダナ~と決めつけちゃって、後悔した経験はありますか?

 

普段、あるとしたら後ろ姿ですよね。

僕はこれに20万回ぐらい後悔したことがあるので、最近はめっきり後ろ姿に期待なんかしていません。

 

これ、やめませんか?

 

神様も、絶対天界でこの経験あるはずなのになぜ人間にもこのシステム採用しちゃったんでしょう?

どうやら調べたら、前後に顔を持つヤヌスって神(?)がいるらしいです。

 

もうそいつだけだよ信用できるの。

 

っちゅーことで、僕は、前後に顔面を取り付ける未来を提案します。

 

絶対却下される。

アンドレ・チャレンジ

台風が大変ですね。

 

こんにちは。

 

今日は、ちょっと前に話題になった、ペヤングの超超超大盛GIGAMAXを食べてみた。

カップラーメンが高級品と感じる僕からしたら、「へぇ~」ぐらいなもんでしかなかったけれど、実際コンビニでデカさと「一日一食にしてください」みたいな注意書きを見ちゃったら、手に取るしかなかった。

 

一日一食で済むなら、400円って結構いいやん?と思ったのだ。

 

まぁ、実際そんなことないんだろうなと、お金払った後に気づいて少し後悔したのは内緒だ。

(このあとまた後悔することになる)

 

でも、買ってしまえば、もうこっちのもんである。

早速、作るのに必要な、1.3リットル沸かすために電気ケトルパンパンに水を入れる。

ただでさえ安モンで、パッケージに書いてあった「だいたいこのくらいで沸きますよ」っていう時間の倍以上かかるうちのケトルが心配になるくらいの量だった。

 

案の定、すんごい時間がかかるわけで、お湯がまでの間にシュークリーム食べちゃってすこしお腹にダメージを与えてしまった。

 

お湯が沸いた。

 

普通の量の四倍あるにも関わず、三分でできるらしい。

よくわからんけどすごい。

 

三分待って、1.3リットルのお湯と439グラムの中身の入った、通常の重さからは考えられないようなペヤングをもってお湯を捨てる。

お湯がなかなか切れないんだこれが。熱いわ重いわ、まぁ大変。

 

お湯を捨てきって、完全に麺とかやくが水を吸った状態を見てまたびっくり。

でけ~。

 

完全に語彙が死んでる。最初からデカい以外の感想が出てこない。

なめてたけど、こんな量食べれるかな。

 

一口目。

 

うんめ~~~。

 

ペヤングおいしい。っていうか、カップ焼きそばっておいしいよね。

自分で、フライパンに麺広げて粉末をシャカシャカやって作るのとは全く違うというか、カップ焼きそばを自分で再現できんの?って感じの味。

たまーに食べたくなっちゃう。

 

こりゃ、ペロッとイケちゃうわ。何が超超超大盛GIGAMAXですかと。

順調に、半分まで食べ進めたところで異変が。

 

おや、ちょっときつくなってきたぞ・・・。

 

と。

 

残りあと、ちょっとってくらいで、しっかりと確信に変わった。

 

きっつ~~~い!

 

これは何がきついかというと、単純に飽き。

どんどん味が変わっていくなら、満腹ながらなんとか食べれたのかもしれないけど、どんどん箸のスピードが落ちていく。

どんどん高速道路で渋滞にハマっていくのだ。

 

食道ジャンクションから胃袋ジャンクション付近で20キロの渋滞ですよ。

(ラジオの交通情報で覚えた、ジャンクション)

 

一旦休戦。これ以上食べたらもう駄目じゃ。

しばらく(1,2時間)おやすみして、冷えたややカピの麺を最後まで平らげました。

 

満足度で言ったら、大満足!

でも、もう買うかと言われたら、NO!

普通のペヤングを買います!

 

ただ、本当に一日一食で済みそうなくらいお腹はパンパンなのであります。

(そのあと、すこし食欲が弱まった)

 

超早めの夕飯ということで17時ごろ食べたのですが、

いつもたらふくご飯を食べても、22時くらいにはお腹が減って何やらつまんじゃうんですけど、今日の場合約12時間たった今でも脳は何も欲してきません。

 

おいしいはおいしかったのですが、やはり何事もほどほどが一番ですね。

 

べりーぐっちょ。

たまの贅沢

雨があんまり降らないまま、梅雨が明けてしまいましたね。

こんにちは。

 

最近の生活といえば、バイト!バイト!バイト!

生活リズムも夜から朝にシフトしようとしているところです。

サラリーマンはすごいよ本当に。

生活のほとんどが仕事なんだもの。やってられんです。本当に。

 

でも、ほんのたまに、いいことがあったりするんです。

 

ついこの間、子供と遊ぶ機会がありました。

その遊び相手はお姉ちゃんと弟君。最初はモジモジしてたんですけど、遊んでいくにつれてどんどん心も開いて最後には全力ではしゃぎまわってました。

 

そしたら

急にお姉ちゃんのほうが、トコトコトコ~ってどっか行っちゃったんです。

あら~飽きちゃったかな~なんて思ってたら

折り紙で作った、花を二つ持ってきたんです。

 

「あら綺麗〜」なんて思っていると、

「お兄ちゃん、どっちがいい?」って言ってきたんです。

僕は「こっちかな~」なんて生意気な口聞いてみました。

 

そしたら、

「はい!これあげる!」って。

 

「はい!これあげる!」って!!!!

 

 

 

 

かわいい~~~~~~~~

 

はじめてよ。そんなことされるの。

あたし驚いちゃったよね~。

あんなロマンチックなことしてくれるんだもの。不意打ちも不意打ち。

サプライズのお手本。あの子は大物になるよ。もうあの一瞬でわかった。

 

そしてね、

お姉ちゃんだけじゃなくて、弟君だってすんごいイイ子だったのよ。


普通、弟って自分の意見ブチ通すじゃないですか?トンネルか?ってぐらいのブチ通し方。発破ー!なんつって。

少なくとも僕はそうでした。一日何回トンネル開通させたかわかりません。とんだ敏腕作業員ですよ。

 

話が逸れましたね。


その弟君は周りの意見も聞き入れて、

「じゃあ次やるから、今回はこれね。」って言ったらしっかり飲み込んでくれる聞き分けのイイ子でした。きっと素敵な親御さんなんだろうなぁ。

 

しみじみ、子供の可愛さを感じておりました。これが、最近のハイライトでござんす。

早くかてーをもちてーなー。